アタッチメントって何?

車両にくっつけているもののことです

コントローラーの説明で、「アタッチメントの切り替え」というものがあります。

たとえばトラクターに「おもり」と「カルチベーター(耕す機械)」の両方を装着しているとします。

このとき、後ろのカルチベーターを外したい、と思って「×」ボタンを押したら、前のおもりが外れてしまうことがあります。

これは、アタッチメントの操作が、現在はおもりのほうになっているからです。

その時、「アタッチメントの切り替え」を行うと、後ろのカルチベーターのほうにアタッチメントの操作が移り変わります。

くっつけているもののどれを操作するか?というのが「アタッチメントの切り替え」になるわけです。

画面右下の表示

jFarming-Simulator-15_20160125000649
jFarming-Simulator-15_20160125000709

アタッチメントはコントローラーの真ん中、黒い大きな部分をタッチすることで切り替えられます。

それに連動して、今どのアタッチメントを動かそうとしているのか、右下に常に表示されるようになっています。

特に上の画像にあるサイレージの作るための「BIG X 1100」ですが、チュートリアルでも操作に苦戦した人は多いはずです。

「BIG X 1100」のヘッダーを操作したい場合は、前のヘッダーにアタッチメント操作を合わせ、

収穫機を起動させたいなら、真ん中のコンバイン事態にアタッチメント操作を合わせる必要があります。

後方に取り付けるトレーラーを装着したり、はずしたりしたい場合は、後方部分にアタッチメント操作を切り替える必要があります。

よくわからなくなったら、右下の表示を確認して、いま自分がどのアタッチメントを操作しようとしているのか、確認しましょう。