ベールは丸型か角型かで運搬車が変わる

チュートリアルの時に藁のベールを作りました。

運搬するチュートリアルもありましたが、ベールには丸型と角型と2つのタイプがあります。

jFarming-Simulator-15_20160116203232

藁や干し草をベールにする機材は2つ。

2つのうち安いほう(ROLL-BELT 150)が丸型のベールを作れます。

もう片方、チュートリアルで使ったもの(BIGBALER 1290)が角型にしてくれます。

そして形によって運搬するベールコレクターが違ってきます。

丸型の運搬車は「T-127」

jFarming-Simulator-15_20160125203250
jFarming-Simulator-15_20160125203703

丸型のベールは「T-127」というベールコレクターで運べます。

こちらが同時に8個までしか運べません。

角型の運搬車は「AUTOSTACK FS 63-72」

jFarming-Simulator-15_20160125203257

角型はチュートリアルで使ったこちらのタイプです。

こちらは一度に16個もベールを運べます。

わたしは最初よくわからず、こちらの機材で丸型のベールを運ぼうとしました。

すると「対応しないベールです」との警告が出てしまいました。

jFarming-Simulator-15_20160125183312