牛を飼うのに必要なものは

牛を飼うのに必要なものといえば、餌です。

餌はチュートリアルで習ったように、藁、干し草、サイレージの3つの混合物が最も良い餌となります。

ただし、干し草だけ、サイレージだけでも牛に餌をあげることは出来ます。

藁だけだとなぜか怒られることがありますが、いまいち判定がわかりませんでした。

藁は小麦や大麦から獲れる

最初に小麦や大麦を収穫したときに、コンバインから藁が出たと思います。

あれを回収して藁を作ります。

これもチュートリアルにあったとおりです。

藁は回収する方法によって、丸型のベールか角型のベールに変わります。

そして丸型か角型によって運搬方法も変わります。

さらに丸型だと一度に8個までしか運べませんが、角型だと16個まで運べます。

ベールについてはこちらのページを参照してください。

サイレージはとうもろこしから「もみ殻」を得てつくる

サイレージはとうもろこしを特殊な機械で収穫することで得られます。

正確には、とうもろこしから獲れる「もみ殻」を発酵させることで得られます。

これについてはこちらのページを参照してください。

もみ殻は雑草からも得られる

また、もみ殻はそのへんに生えている雑草からも収穫可能なのです。

この場合は、まずは雑草を芝刈り機で刈ります。

そして、「BIG X 1100」のようなもみ殻を得られる機械で雑草を収穫します。

するともみ殻が獲れるのです。

ただし、とうもろこしから得られる量に比べるとわずかです。

あまりこれをやっても意味はないでしょう。

干し草

干し草は、その名のとおり草を干すことで得られます。

そのへんに生えている雑草から得ることもできますし、畑に自ら草を植えることでも得られます。

干し草は初めて作る時には、やり方がわからなくてかなり苦戦すると思います。

干し草の作り方に関しては別ページを参照してください。