フロントローダーを装着できるトラクターが欲しい

要所要所で重要なフロントローダーを装着できるトラクター

jFarming-Simulator-15_20160127052252

農業は効率よく稼ぐことができません。

そこでおすすめはミッションなわけですが、パレットを運搬するタイプのミッションが特に手軽に、しかもたくさんのお金を稼げます。

フロントローダーを装着できるトラクターは、後に牛の餌を作る時にも活躍してくれますし、サイレージを売る時にも必要になりますので、最初のうちから買っておいても損は無いのです。

フロントローダーを装着できるトラクターの仕様把握

といっても、最初はなんのこっちゃかわからないと思います。

わたしもそうでした。

おかげでパレット運搬系のミッションをこなすようになるまでだいぶかかってしまいました。

とても遠回りしてしまいました。

ではフロントローダーとは何なのか?

jFarming-Simulator-15_20160125212931
トラクターの前部分に、まずはこのような形の部品をつけます。

ちなみに、適した用途が書かれてありますが、「フロントローダーを装着できるトラクター」ならどれでも結構です。

コンバインなんかは適した用途のものを使用したほうがいいですが、この場合はあまり気にしなくても良いかと思います。

適した用途についてわからない方はこちらの記事を参照してください。

jFarming-Simulator-15_20160126141200
次に、さきほどの部品のさらに前部分に、ものを運んだり刺したりできる部品を装着します。

パレットを運びたいなら、パレットフォークが必要になります。

フロントローダーはこの2つの部品が揃っていないといけません。

運びたいものの形に応じてフロントローダーを変更していく

パレットを運びたいなら、パレットフォークが必要です。

一方、サイレージや堆肥などを運びたいなら、「ユニバーサルバケット」のような、ショベルカーのような形のフロントローダーが必要になります。

jFarming-Simulator-15_20160125212931
さらに、藁を持ち上げるならロールベールハンドラー

チュートリアルで牛の餌を作る際に使用したように、藁の側面から突き刺して持ち上げたいなら、針状のベールスパイクが必要になります。

運べるのはトラクターだけではない

jFarming-Simulator-15_20160126042301 jFarming-Simulator-15_20160126042328

上の画像を見てもらればわかると思いますが、パレットフォークがありますね。

しかしこれはトラクターではありません。

何も、パレットやベールなどを運べるのはトラクターだけではないのです。