収穫した粉を回収して藁を作らないといけないのか?

藁の回収するための機械を購入するのがもったいない

jFarming-Simulator-15_20160119180259

小麦や大麦を回収する時、たまに収穫機の後ろから粉が排出されます。

これを回収して藁ができるわけですが、キャリアモードを始めた直後は、この藁を回収できる機械を所有しておりません。

なので新しく買わないといけません。

しかし序盤はあまり資金に余裕がありません。

電話ボックスの説明欄にも書かれてありますように、必要最低限の出費に抑えたいものです。

さて、このゲームのキャリアモードを始めてすぐのころは、ほとんどの人が「あの藁、回収しなきゃいけないのかなー?」なんて思ったことでしょう。

後に良質な牛の餌を確保しておきたいなら

この藁は、後に畜産で牛の餌となって重宝するものです。

実はこの藁は、小麦や大麦を収穫すると発生するわけですが、毎回出てくるわけではありません。

というより、出てくるほうが稀です。

どのタイミングで藁が発生するのかはわかっていません。

牛の餌は、藁と干し草、サイレージの比率がまんべんなくあるほうが良質となります。

なので、今後のことを考えて、今このタイミングで藁を回収したほうが、あとあといいような気がしなくもないです。

ただ、牛の飼育を始めるのは、かなり後になってからでないと厳しいことを考えれば、余計な出費を避けたいなら、以下の方法を試すのも良いかと思います。

(牛の飼育は初期費用がすさまじくかかりますので)

上からそのまま耕すことができます

実はこの藁、藁が残ったままの上から耕すことが可能です。

jFarming-Simulator-15_20160119180259

藁の回収には新たな機械を購入しなければなりません。

これはそこまで高くないので購入してもかまわないですが、手間もかかりますし、序盤はそれほどおいしくないので、面倒くさかったら藁の上から耕してしまうのが早いでしょう。

藁を回収するのをやってみたい!という方は機械を購入しましょう。

jFarming-Simulator-15_20160116203232

回収しても移動させないといけない

しかし、藁は回収だけで終わるわけじゃありません。

その藁を移動させないといけません。

すると今度は藁を移動させる機材が別に必要となります。

どんどん出費がかさみます。

もっと作業を早く効率化させたいのであれば、最初は藁の回収はせず、上で記しましたように、藁の上から耕してしまいましょう。