耕すのも種まきももっと効率よくする方法

機材の有効幅や適した用途を把握して余計なコストがかからないようにしようでも述べましたが、機材には有効幅というものがあります。

有効幅の広いカルチベーターを

最初は耕すのは3mずつしか出来ませんでしたが、6m、9mと有効幅を広く耕すことの出来る機材もあります。

これを導入すると、耕すのがもっと楽になります。

ただし、適した用途の欄をチェックしないといけません。

単純に良い機材ほど、馬力のあるトラクターで動かさないと、動きが鈍ります。

トラクターも初期のものだけだとあまりに非力ですので、どんどん良いものに代えていきましょう。

耕す必要のない種まき機を導入しよう

耕す必要もなく、収穫した後のままの状態で種を植えられる機材もあります。

jFarming-Simulator-15_20160121043810 jFarming-Simulator-15_20160122081438

これもやはり適した用途を確認して運用してください。

耕さなくても植えられるのは一部の農作物のみ

なお、中には耕していないと植えられない農作物もあります。

すべての農作物が、耕す必要が無いかというと、そうではありませんので注意してください。