じゃがいもを収穫したいのだけど?

このゲームで始めるのが大変なものの2つのうち1つがじゃがいもの収穫です。

じゃがいもを植える専用の機械がいる

jFarming-Simulator-15_20160122185202
この機械なら開始直後すぐに買えるのですが・・・

まずキャリアモード初期の段階では、じゃがいもの種を植える機械を所有していません。

これを購入する必要があります。

これは結構安いのですぐ買えないこともないです。

収穫できるように茎を切る専用の機械がいる

jFarming-Simulator-15_20160122220431

jFarming-Simulator-15_20160123002539
じゃがいもの茎を切っているところです。

次に、じゃがいもはテンサイと同様に、収穫前に茎を切る必要があります。

これもそこそこ安いので買えないこともないです。

問題は収穫のときに・・・

jFarming-Simulator-15_20160122185213

ようやく収穫、という時なのですが、これも専用の機械がいります。

これは少し高いです。

しかしそれよりも問題なことがあります。

この専用の機械ですが、まず作業者を雇うことができません。

なので、何か別のことをしながらのんびりとゲームのスイッチだけ入れていればいい、とはいきません。

ですがもっと大変なことがあります。

収穫の時なのですが、どこにいもが埋まっているのか非常にわかりにくいです。

収穫しにくくかなわないのです。

これは本当に困りました。

どれくらいつらいかは下の画像を見てもらえればわかります。

jFarming-Simulator-15_20160123182205
このゲームでは、収穫せずに上からそのまま耕した場所や、そもそも耕せてなくて上から肥料を撒いた場合は、肥料の後がそのまま残ります。
黒い部分が肥料です。
どこにじゃがいもが埋まっているのかわからず苦戦した後が垣間見えます。

jFarming-Simulator-15_20160123055126
もう面倒くさかったので収穫せずにそのまま上から耕しちゃいました。

めちゃくちゃ高い自動収穫機

jFarming-Simulator-15_20160122185213

自動で収穫できる機材は40万ユーロ超。

手動の機械ですらも12万ユーロもします。

最初からじゃがいもの収穫を考えるのはやめたほうが無難でしょう。

4台あるトラクターを2,3台売ればできなくもないですが。

ちなみにこの自動でじゃがいもを収穫する機械は作業者を雇うことは可能です。

じゃがいもの収穫が圧倒的にしやすくなります。