作業者の賃金を節約したいなら、縦に長いほうに耕させる

表題のとおりですが、作業者の賃金を節約したいなら、車両の作業させる方向は縦に長くすべきです。

作業者を雇った場合、農地の端に行くと、車は切り返さないといけません。

この切り替えしている間も賃金は発生しています。

なので、農地の形を見て、縦に長いほうに作業させたほうが賃金は安くなるのです。

雇った時の機材のスピードを見る

作業者を雇ううえでの注意点まとめでも述べましたが、最初から使えるコンバインは、作業者を雇った場合、ものすごくスピードが遅いです。

しかし賃金は普通に時間制で発生します。

とてもじゃないけど作業者を雇えないレベルです。

また、最初から使える、価格の安いトラクターで作業者を雇って種まきをさせた場合も、坂道だと異常にスピードが遅くなります。

スピードがあまりに遅い場合は、作業者を雇うこと自体を見合わせたほうがいい場合もあるでしょう。