最初からテンサイを収穫したいなら

最初にテンサイを作らないほうがいいと申しましたが、どうしてもキャリアモードを始めたすぐのあたりにテンサイを収穫してみたい、という場合もあるでしょう。

方法はなくはないです。

jFarming-Simulator-15_20160115232150

茎を切り取る機材と、テンサイを土の中から掘り出す機械の両方必要となります。

10万ユーロも必要なわけです。

サイロにはある程度の農作物が最初から補充されているわけですが、全部売ったとしても10万ユーロにはなりません。

ではどうやって開始早々に10万ユーロも集めるのか?

トラクターは4台もあるので売ってしまうのもひとつの手

それは、トラクターを売ることです。

「△」ボタンを押してショップを呼び出せるわけですが、そこからさらに「△」ボタンを押すと、自分の所有する車のガレージに行けます。

ここで売ってしまうこともできるのですが、ショップへ持ち込むと、2割高く買い取ってくれます。

jFarming-Simulator-15_20160116203127

トラクターは最初から4台もあるわけですが、最低1台あればなんとかなります。

アタッチメントをその都度、交換すれば問題ありません。

多少面倒くさくはなりますが、実際4台は多いくらいです。

なので、3台ほど、持ち込みで売ってしまい、さらにサイロの農作物も売れば、10万ユーロは稼げます。

これでテンサイを掘り出すことは出来るのですが、正直そこまでして育てる価値があるかというと、微妙なところです。

トラクターが1台になったら確実に作業効率は落ちますしね。

高額な収穫機は売らないほうがいい

最初から扱える黄色の収穫機「COMIA C6」は高額なため、売らないほうがいいです。

実はこの収穫機は、作業員を雇うと極端に遅くなってしまうため、収穫は自分で行ったほうがいいくらいポンコツです(笑

とはいえ、最初はこれしか使えないので、この収穫機だけは序盤には売らないほうが無難でしょう。