初期からサイレージを作りたいのだけど

jFarming-Simulator-15_20160127085651

「MEX 5」。

この機材は「もみ殻」を収穫することが出来ます。

サイレージは「もみ殻」を発酵されることで完成します。

そしてこの「MEX 5」は価格も「BIG X 1100」の10分の1以下とかなりやすいです。

なので、この機材を導入すれば、ゲーム開始直後からでもサイレージを作成することが出来るようになります。

しかしトレーラーを装着できない

もみ殻を収穫するためには、トレーラーが必要になります。

小麦やキャノーラを収穫する際には、コンバイン自体の中に農作物が保管されていきますが、もみ殻を収穫する際には、もみ殻を収容できるトレーラーも同時に出さないといけません。

価格が40万ユーロ以上もする「BIG X 1100」はそれが出来ます。

しかし、上記の「MEX 5」はそれができません。

トレーラーを移動させつつわずかな距離を少しずつ進むしかない

一応、この「MIEX 5」は、収穫機を起動させると、パイプがトレーラーのほうを向くように設計されていはいます。

jFarming-Simulator-15_20160127085644

しかし、それだけです。

トレーラーをちょっとずつ自分で移動させながら、「MEX 5」もトレーラーの長さの分だけもみ殻を収穫できるわけです。

トラクター1台で「MEX 5」で収穫しつつ、トレーラーをもう1台のトラクターで牽引する。

これで収穫できるわけですが、ものすごく面倒くさいです。

しかも、「MEX 5」の収穫できる有効幅は、わずかに2mです。

(※有効幅についてはこちらの記事をご覧ください。)

初期からサイレージの収穫はできなくないですが、これならパレットを運搬できるフロントローダーを装着したトラクターで、運搬ミッションをこなしたほうが、効率よく稼げます。