牛の餌を作るのに必要な機材は?

サイレージ(もみ殻)を作れる機材

jFarming-Simulator-15_20160123225003
  • BIG X 1100
  • MEX 5
  • とうもろこしの種まき機
  • もみ殻を運搬できるトレーラー

サイレージはもみ殻を発酵させることで作れます。

このもみ殻をはとうもろこしを「BIG X 1100」か「MEX 5」のどちらかで収穫することによって作られます。

また、とうもろこしの種まき機は、最初から使える種まき機で充分です。

もちろん種まきを効率化させたいなら、有効幅の広い種まき機を導入しましょう。

干し草を作れる機材

jFarming-Simulator-15_20160126052240
  • 芝刈り機
  • 芝を反転させて乾燥させるテッダー
  • ベールを作り出す機械

干し草を作るのはこのゲームにおいて最難関かもしれません。

なぜならゲーム内での説明不足が著しいからです。

たとえば草自体は「BIG X 1100」でも回収できたりします。

しかしそれを干し草とするには別の工程を経ないといけません。

まず芝刈り機で草を刈ります。

次に、この芝を反転させて乾燥させないといけません。

「干し草」ですからね。

干す必要があるわけです。

最後に、藁を回収するのと同じベール作成の機材で干し草を丸型か角型のベールにしないといけません。

藁を作る機材

jFarming-Simulator-15_20160125203703
  • 小麦か大麦を作れる種まき機
  • 藁を回収するベール機材
  • 藁を運搬するベールコレクター

小麦や大麦は最初から普通に作れるので問題ないでしょう。

初回に小麦や大麦を収穫すると、粉状の藁が発生したはずです。

チュートリアルで習ったように、これらを回収する機材が必要です。

そしてこれらベールにした藁を牛舎まで運ぶベールコレクターあ必要となります。

こうやってみると、牛の餌を作るのがいかに大変かがわかるというものです。

ただ、牛の餌は何も上記3つをすべて混合しないといけないかというと、そんなことはありません。

サイレージは一度作ってしまうと大量にできますので、面倒くさかったらサイレージだけあげ続けても良いでしょう。

牛に定期的に餌をやるのって大変なんですよ。