温室での野菜の育て方

野菜を作れる温室

ショップで「配置用オブジェクト」のところに温室があります。

jFarming-Simulator-15_20160128090222_002

作物の種類のところに「堆肥」と「水」のマークがあるのがわかります。

野菜を育てるには、「堆肥」と水が必要なわけです。

温室を作る場所に注意

温室はいろんな場所に自由に建てられます。

基本はどこでも好きに建てればいいと思いますが、たとえば水の中とか、辿りつくことのできない場所は当然にやめておいたほうがいいでしょう。

バケットの届く高さに置かないと堆肥を置けなくなる

先にネタバレになってしまいますが、温室には堆肥を置く必要があります。

ユニバーサルバケットで運ぶことになるわけですが、これの届く高さに温室を設置しないといけないわけです。

意味がよくわからないと思いますので下の画像をご覧になってください。

jFarming-Simulator-15_20160130022854_1

温室を建てるときに坂になっているところに建ててしまうと、上の画像のように斜面に出来上がってしまい、このように堆肥を収める場所が高くなりすぎることがあります。

温室を建てる時には充分に注意してください。

また、堆肥が必要ということは、牛舎に近いほうが運搬に手間がかからないということです。

水が必要

温室には水が必要であることはすでに触れました。

水を運搬する必要があります。

「雨が降るのを待てばいいのかな?」なんて思ったのですが、そうではありませんでした。

jFarming-Simulator-15_20160129120529

ショップに売っている水の運搬用車両です。

これがいります。

トラクターで運べます。

jFarming-Simulator-15_20160130022021

水辺に行って、水をくんできます。

jFarming-Simulator-15_20160129133622

そしてハウス横のタンクのところに横付けすると、給水をすることが出来ます。

jFarming-Simulator-15_20160129133719 jFarming-Simulator-15_20160130024518_1

給水をすると唐突に野菜が育った状態になります。

牛から堆肥を回収

jFarming-Simulator-15_20160127025309 jFarming-Simulator-15_20160129190027

牛舎横の堆肥集積所から堆肥を回収したら、その状態のままハウスまで行きましょう。

そして横の箱に堆肥を収納すればオッケーです。

ハウスは1時間ごとの収入になります。